海外旅行の楽しみ方、見どころ、歩き方、ルートをご紹介するサイトです。

魅力的な海外旅行ガイド

アジアの旅~隣国コリアへ飛ぶ

・隣近所と付き合うのが一番難しいとは世界中で言われることだ。

だからといって額面通りに受け取ると間違う場合もある。韓国系アメリカ人に北朝鮮への非難めいたことを言ったら急に硬くなってしまった。朝鮮民族の同じ血が流れていることをうっかり忘れていた。ビジネス上の普段の付き合いで何とも無くても時折見せる過去の歴史のしこりを心に留めつつ釜山へ飛ぶ。飛行機に乗り瞼を少し閉じると釜山だ。

早速夜はプルコギを堪能するために古民家風のレストランへ行く。とにかく小鉢の数が多くて驚いた。また彼らは日本人のように器を手で持ち上げて食べない。スープでもテーブルに置いたままスプーンで口まで運ぶ。なによりも良く飲む。焼酎やマッコリだけでなくビールにも焼酎を入れて飲むのだ。中国人相手の場合も同じだがビジネス慣習として飲むしかない。その後はお決まりのカラオケだ。彼らは独島の歌も歌っていたが、その時は意味が分からなかったがさりげなく主張をしたのだろう。

翌朝は案の定二日酔いだ。

・日本の下関のふぐは有名だが釜山もふぐが名物らしい。

考えてみれば日本海の同じ魚場でふぐを取っているので名物が同じなのもうなずける。違いは朝からふぐちりを食べる習慣だ。なんでも二日酔いに効くということで土鍋に入ったふぐちりが朝食で出された時には驚いた。他にも辛いポッチムやすき焼き風のポップルコギも人気だ。港町釜山のグルメを満喫した。 次はショッピングでソウルのミョンドンだ。いつも混んでいるが加えて夕方からは屋台まで出てくる。今回は韓国エステにトライした。その時は顔の肌すべすべしっとりになり大満足だったのだが数ヵ月後に事件が起きた。クレジット会社から連絡があり韓国で私のカードが不正使用されたことが判明した。

確証は無いが恐らくマッサージ店での支払いの際にスキミングされたに違いない。被害は補償されるので実害は無いが、カード再発行に伴い番号が変わるのが面倒くさい。スペインに続いてこれで2度目だ。次のマッサージは現金にしようと心に決めた。皆さんもご用心あれ。 ところで皆さん韓国で握手する際に左手を右肘辺りに添えるのを目にしませんか?車の運転中に高速の料金所でも係員がおつりを返す時にも左手を添えるのが彼らの慣習だ。儒教の国で目上に対する礼儀の表れだという。食事中に女性が方ひざを立ててもOKだそうだ。中東では女性には握手を求めないのが礼儀だ。文化や慣習には充分配慮したいものだ。

イタリアを一周するルート旅

ベルギー・フランダース地方の旅

フランダースの犬で知られたアントワープまではブリュッセルから列車で約45分
学園都市ゲントを目指す。まずはトラムでコーレンマルクト広場に向かう。
ベルギーはフランダース地方とワロン地方があり、言語もオランダ語とフランス語。
ベルジャンワッフル、ゴディバのチョコレート、ベーグルなど