海外旅行の楽しみ方、見どころ、歩き方、ルートをご紹介するサイトです。

魅力的な海外旅行ガイド

ベルギー~フランダース地方の旅:ゲント

・学園都市ゲントを目指す。

ブリュッセルからは40分程度の小旅行だ。まずはトラムでコーレンマルクト広場に向かう。すぐに聖ニコラス教会、鐘楼、聖バーフ大聖堂が目に入る。聖バーフ大聖堂の祭壇画「神秘の子羊」は必見だ。別料金だが日本語のオーディオガイド使ってみよう。また1594年創業の老舗スィーツ店テメルマンの鼻の形をしたキャンディはお土産に最適だ。

この街もブルージュやアントワープ同様にボートクルーズで楽しもう。約40分。レイエ川の両岸(グラスレイ コーレンレイ)に並ぶ川面に映えるギルドハウスは中世の街そのままだ。フランドル伯居城も眺められる。ガイドは美人で3ヶ国語で説明している。

さて小腹が空いたのでワッフルの店へと向かう。ここはブリュッセルワッフルの発祥の店と言われるMax。ブリュッセルのグランプラスでもワッフルを食べたがやはり歴史のあるゲントのワッフルのほうが美味しかった。更に有名なマスタード屋にも立ち寄った。フェ・ティーレンチェン・フェルランツだ。マスタードの専門店があるなんてさすがベルギーだ。さしずめ日本ならお味噌や七味の専門店のようなものか。他にもショコラティエなど楽しい店が軒を並べていてブラブラしながら楽しむには最適な大きさの街がゲントだ。

時間が許す方は美術館めぐりも良いだろう。

・ゲント市立現代美術館 ゲント美術館 ゲント市博物館などがある。

尚、毎年7月はベルギー最大のジャズフェスティバルが開催されるようだ。仙台の定禅寺通りのジャズフェスティバルの感じだろう。 今回はブリュッセルをベースにして1時間以内に行ける周辺都市を巡る旅をしたが、私はこれをハブ旅行と呼んでいる。ハブ選定の基準はその街自体に魅力があり公共交通網が便利で半径1時間以内に特徴のある街があること。最大のメリットは荷物の移動が少なく運転しないのでアルコールもOKという点だ。美味しい料理には良いワインやビールが欠かせないというのが私の旅のコンセプトだ。子供が小さいうちはオーランドのディズニーワールドも良いだろうが、その後はスローな手作りの旅がお勧めだ。リタイア後に海外旅行デビューする方も欲張らずハブ旅行はいかがだろうか。Life is so Beautiful

イタリアを一周するルート旅

ベルギー・フランダース地方の旅

フランダースの犬で知られたアントワープまではブリュッセルから列車で約45分
学園都市ゲントを目指す。まずはトラムでコーレンマルクト広場に向かう。
ベルギーはフランダース地方とワロン地方があり、言語もオランダ語とフランス語。
ベルジャンワッフル、ゴディバのチョコレート、ベーグルなど