海外旅行の楽しみ方、見どころ、歩き方、ルートをご紹介するサイトです。

魅力的な海外旅行ガイド

ダラス~ローンスターを感じる

・ダラスの州旗は星一つで孤高の気概を感じる。

ちなみにテキサスは先住民の言葉で「友人、仲間」という意味らしい。ジョンウェインの映画の1シーンでカウボーイとインディアンの会話があり「インディアン嘘つかない」と言っていたのを思い出す。ブッシュ元大統領の地元でもある。白人のブランド美人が多いとも嘯かれている。

ダラス・フォートワース空港に着いたら、レンタカーに乗り込みLBJフリーウェイを一路ダラスのダウンタウンを目指そう。巨大なビル群が近づいてきたら、まずジョンFケネディメモリアルに足を運ぼう。すぐそばの赤茶色の古ぼけたビルの6階に例のシックス・フロアがある。@7ドルでオーディオツアーがあるのでぜひ体験しよう。2度ほど訪れたことがあるが、初めて行った20年ほど前は暗殺当時の写真に涙するアメリカ人が多かったが前回はそうでもなかった。やはり風化しているのかもしれないが、今年は50周年ということもあり大勢訪れるに違いない。またケネディ大使効果もあり日本人も多いと思われる。

ダウンタウンに行ったら老舗高級百貨店のニーマンマーカスを訪れたい。

・100年以上の歴史があり

人々が郊外に移り住むドーナッツ化現象を受けていち早く日曜日をクローズにした経緯もある。それから数年して有楽町のそごう百貨店も日曜閉館とした。今のビックカメラだ。栄枯盛衰の歴史を垣間見るのも悪くない。 せっかくテキサスに来たのだからカウボーイ気分を味わおう。ダラスは革製品も有名なのでブーツとテンガロンハットでも買い込み、ピックアップトラックに乗って州都オースティンを目指そう。途中のウェーコ辺りのレストランに入れば同じ様ないでたちの大男に出会うはずだ。彼らのブーツにはスパーと呼ばれるギザギザのリングまで付いているかもしれない。

オースティンはのどかで綺麗な街だ。全米で最も住みやすい街に選ばれたこともある。いくつか良いリゾートがあるので宿泊しないまでも訪れて欲しい。バートンクリーク リゾート&スパもその一つでゴルフでもしてスパで身体を休めれば最高の気分だ。 最後に極め付きのお勧めは牧場だ。ゲストランチと呼ばれる観光牧場があるので西部劇の主人公にでもなった気分を満喫しよう。そしてテックスメックス料理とマルガリータのビッグオー(大きな丸いグラスに並々とマルガリータが注がれている)を飲めば貴方はもう立派なテキサンだ。自然とテキサス訛りの英語が身についているはずだ。

イタリアを一周するルート旅

ベルギー・フランダース地方の旅

フランダースの犬で知られたアントワープまではブリュッセルから列車で約45分
学園都市ゲントを目指す。まずはトラムでコーレンマルクト広場に向かう。
ベルギーはフランダース地方とワロン地方があり、言語もオランダ語とフランス語。
ベルジャンワッフル、ゴディバのチョコレート、ベーグルなど